5話 弟のお友達ともエンコーさせられちゃうお姉ちゃんのネタバレ | お年玉でお姉ちゃんを買ってみた

MENU

5話 弟のお友達ともエンコーさせられちゃうお姉ちゃんのネタバレ

それから数日たった時。

 

姉は、弟と一緒に誰もいない静かな公園にいました。

 

弟に無理やり連れられて、公園の片隅にある公衆トイレの中へ座らせられます。

 

しかも全裸で、マンコを覆い隠すように10000円と書かれた紙切れを貼られました。

 

タクヤはお年玉が無くなってしまい、今から友達にお姉ちゃんを買わせるのです。

 

状況が理解できない姉は、身体を売られてしまうのかと不安げに体を震わせている・・・

 

そこへタクヤの友達3人がやって来た。

 

お前のねーちゃんといくらでヤらせてくれんの?

 

そしてタクヤは答えた。

 

マンコは10000、お尻は3000、他は1000円!

 

3人の友達は、お姉ちゃんのカラダの好きな所を貪り始めたのだ!

 

いきなりアナルに挿入したり、巨乳にしゃぶりついたり・・・

 

無理やり犯されながらも、弟に敏感にさせられた体はビクビクと感じてしまう!

 

その様子をじっと見ているタクヤ。

 

ねーちゃんとエンコーごっこし過ぎて、お年玉が無くなったなんだと、こんな事して申し訳ない気持ちでいた。

 

そして、3人に犯される姉を見ながら弟自らも下半身を膨らませいた。

 

お姉ちゃんは、まるで気が抜けたような表情で、しばらく彼らに犯され続けたのです。

 

この時の記憶は殆どありません。

 

散々ヤリまくった友達は、そろそろ帰る時間だとトイレから出ていきました。

 

お姉ちゃんはもうぐったり。

 

すると、タクヤは勃起したチンポをお姉ちゃんの精液まみれのマンコに挿入した!

 

ごめんね、ねーちゃん。

 

今俺の精液できれいにしてあげるから・・・

 

今まで放心状態だった姉は、大好きなタクヤのチンポを挿入され嬉しそう。

 

これからは自分だけがお姉ちゃんを買うんだ!他の男には売らないんだ!

 

今日の事を少し後悔していたタクヤは、姉にそう約束するのでした。

 

 

お年玉でお姉ちゃんを買ってみた

無料立ち読みはこちら

↓↓↓

お年玉でお姉ちゃんを買ってみた