4話 弟専用性処理穴にされちゃうお姉ちゃんのネタバレ | お年玉でお姉ちゃんを買ってみた

MENU

4話 弟専用性処理穴にされちゃうお姉ちゃんのネタバレ

ある日、部屋で勉強していると弟のタクヤが部屋にやってきました。

 

ペニスを勃起させている弟のタクヤの目的はもちろん姉の身体。

 

お年玉でエンコーをさせて以来、タクヤはすっかり姉の晶の身体に夢中になっていたのです。

 

今では両親が家にいても当たり前のように晶を犯してくるようになったのです。

 

そんなタクヤに冷静に『勉強してるから後にして……』

 

冷たく言い放つ姉の晶。

 

しかし、タクヤはすでに臨戦状態。

 

勉強している姉を椅子に座らせたまま犯してしまいます。

 

弟のタクヤのペースにこのまま乗せられるわけにはいかない。

 

そう思った姉の晶は感じていないフリをして、なんとか勉強しているフリを続けます。

 

そんな姉の膣内に濃厚な精液を中出し射精するタクヤ。

 

これで終わった……

 

そう思った晶でしたが、タクヤの精力はこれくらいで終わるはずもありません。

 

まだヤリ足りないらしく再び挿入してきたのです。

 

弟に屈したりしない……

 

そんな姉の表情がタクヤの興奮をさらに掻き立てるのでした。

 

そして、今度は姉 晶のお尻を犯しはじめたのです。

 

オマンコとは違った気持ちよさに姉は冷静を装うことができませんでした。

 

快感に屈し、身体をビクビクさせる晶。

 

その後も、何度も何度も弟のタクヤによって晶は犯されてしまうのでした。

 

弟の犯されるのは彼氏と会話しているときも起こります。

 

何食わぬ顔をして、電話している姉の身体を犯し続けるタクヤ。

 

自分がまるで彼氏より強いオスであり、姉の身体はすでに自分のものだといい聞かせるようにも見えました。

 

彼氏に悪いと思いながらも、嘘をつく背徳感、弟に犯される気持ちよさの虜になってしまう晶。

 

すでに彼女の身体は弟のエッチの虜になっていたのです。

 

背徳感あふれる弟のエッチによって……

 

 

お年玉でお姉ちゃんを買ってみた

無料立ち読みはこちら

↓↓↓

お年玉でお姉ちゃんを買ってみた