1話 弟と本番エンコーしちゃうお姉ちゃんのネタバレ

お姉ちゃんは、今年もらったお年玉で新作のバックを買おうか他の物を買おうかいろいろと悩んでいました。

部屋でお年玉をどう使おうか悩んでいると、手にお年玉を握りしめた弟がやって来たのです。

何事かとタクヤに聞くと、今日はなんだか機嫌が悪そう。

今日は休みなのにどうして制服を着てるのか聞いてきた。

お姉ちゃんは、ただのめんどくさがりで毎日何を着るか考えるのが嫌だから休日でも関係なしに制服を着ていたのです。

そんな姉に、ズボラだと言う弟。

昔は、私にお姉ちゃんお姉ちゃんってべったりくっいてきて可愛かったのに、今では生意気で態度も悪くてそんな弟がムカつく存在でした。

なぜお姉ちゃんがいつも制服を着てるのか?

タクヤはその理由がエンコーしてるからだと思い込んでいた。

そして思っていた事を聞いてみる。

「エンコーしてるだろ」

いきなり変な事を言われて動揺してる姉ですが、もちろんエンコーなんてしていません。

弟が言うには、いつも制服を着てるし、最近やけに厚化粧だし、最近の女子校生の8割はエンコー経験があるとどこかで調べていたのです。

さすがに、呆れて何も言えなくなった姉。

黙ってるお姉ちゃんを見て、図星だったとさらに勘違いしたのだ。

すると、

「俺ともエンコーしてよ」

なんてバカな事を言ってきたのです。

そう言ってお年玉を出した弟。

姉は、つまりこのお年玉で私とエンコーしたいんだなと理解したのです。

エロい事を覚えて、私の体に興味があるんだなと・・・

そしてちょっと弟をからかってやろうと思います。

1000円くれたらおっぱい見せてあげる。

そう言うと、おっぱいを見せ、興奮する弟を見てちょっと楽しんでいた。
揉んだり乳首を弄ったりして見せるとさらに弟は興奮。

そして「マンコも見たい」と言ってきた。

お姉ちゃんもちょっと興奮してるのかアソコがちょっと濡れてきていた。
見せるつもりもなかったけど、勢いでパンツをおろしひだひだを広げて見せたのです。

すると、初めはじっくり見ていただけの弟でしたが急に舐め始めたのです。

止めさせようとするが、快感には負けてしまいイクまで舐められ続けた。

すると、ぐったりしている姉をうつぶせにさせ弟はズボンを下ろし始めた!

おねしょた好き必見
お年玉でお姉ちゃんを買ってみた
無料立ち読みはこちら
↓↓↓
Handyコミック【お年玉でお姉ちゃんを買ってみた】LP1※スマホ専用

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ